避妊方法と聞くとコンドームを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、海外の国の中には避妊薬が避妊方法の主流の国もあります。
なぜ他の国と比べて、あまり避妊薬のイメージが少ないかというと、これまでピルを避妊薬として使用することを国が認可していなかったらです。
しかし、最近では、ピルの使用も避妊薬として使うことが認可されましたから、誰でも使うことができるようになっています。

そこで、コンドームとピルを比較してみると、避妊の失敗率からみるとコンドームの失敗率の方が高いといわれているので、コンドームだから安心ということではないということがいえます。
コンドームで避妊が失敗する例としては、男性のコンドームの付け方がうまくいかないといった失敗例を挙げることができます。
このようなコンドームによる失敗率は3パーセントから14パーセントくらいといわれていますから、予想外の妊娠が起きる可能性は以外に高いということになります。

ピルを服用する女性一方、ピルの服用に関しても、100パーセント確実に避妊することができるということにはいきませんが、失敗率に関しては1パーセント以下といわれているので、総合的にみると避妊薬の方が避妊効果が高いと考えられます。
ただし、入手方法としては、コンドームの方が簡単に入手することができるという点があります。
避妊薬であるピルの場合は、通常は不認可の定期検診を受ける必要がありますが、緊急的に避妊が必要な場合は特別に1か月分だけ検診をせずに処方してもらうことになります。
最近では、ピルも通信販売で購入することができるようになってきていますが、薬の感受性の違いや副作用の問題などもありますから、婦人科で処方してもうら方が安心といえるでしょう。

関連記事はこちら

人気ランキング
サイト内検索
アーカイブ